事業内容

ワンデーリサーチ

都市型居住として定着したマンションにお住まいの皆さん住み心地はいかがでしょうか。
快適にお住まいの方々も多いと思いますが、改善したい要望をお持ちの方、困っている方々もまた多いと思います。
マンションの相談、診断、大規模改修コンサルタントの実績ある住まいとまちづくりコープがあなたのマンションを見て必要と思われる助言をします。
その一歩が「ワンデーリサーチ(1日診断)」です。
さらなる診断として「簡易型総合診断」がありますが、この「ワンデーリサーチ」は単独の業務として行ないます。
マンションを購入しようとするときに立ち会って欲しいというようなことにも、相談に乗っています。ワンデーリサーチの一種です。
多様化するマンションの相談に全て応える努力をしています。

■建物ワンデーリサーチ(1日診断)

費用の目安 5万円~20万円(区内~遠方)

相談の次の段階がワンデーリサーチ(1日診断)です。いわば点と点の接触の相談から次の段階が点から線へ・・有料見合という人もいます。

建物を見に行きます。基本的には1日で終わる作業にしています。内容としては、今までの調査の資料などがあれば検討をし、現場で数時間程度、共用部の目視及び打検ハンマーなどの若干の道具を使用して調査をします。維持管理に必要な図面等のチェック。その日の内に報告までして終わります。報告時に質問に対してお答えします。

簡単な報告書と写真を後日送ります。それを通じて、マンションの現状を理解していただきます。
管理組合の方々には、引き続き業務を依頼するのにふさわしいかどうかも判断をしていただきます。  

さらなる段階の診断方法、費用を提案します。
*費用については内容、人員によっては別途相談させていただきます。

建物ワンデーリサーチのスケジュール
 ①建物と書類等をみる時間 1~2時間
 ②考えをまとめる時間 1~2時間
 ③報告 1~2時間

例えば、日曜日の午後、皆さんが集まりやすい場合は、朝から作業を始めます。
9時から調査、11時からまとめ、午後1時から報告をします。
時間帯がずれたり、時間の長短があったりしますが、基本的には1日で終わるのが、ワンデーリサーチです。
立ち会っていただいた方が様子が分かるので良いのですが、依頼された方のご都合がつかない場合は、当事務所だけで見るときもあります。
基本は建物などを見せていただくことで、必要な助言ができます。
 

 

■ワンデーリサーチ例

①建物診断を行いたい
「入居後15年が経ったので、大規模修繕を行なおうと思っている。建物診断をどこに頼んだら良いか考えています。」1回目の大規模修繕工事は新築時の瑕疵問題の責任を明らかにする良いチャンスです。デベロッパーと関係する会社では正しい指摘ができません。住民の立場で考えられることがワンデーリサーチを通じて理解してもらえました。

②専有部雨漏れ調査
「築10年の最上階の住戸で雨漏れがしています。管理組合は売り主と直接交渉してくれといっています。」ワンデーリサーチの結果、共用部分からの雨漏れなので、最終的には管理組合に責任があることを説明、報告書にも記しました。相談者はその内容で管理組合も動かして売り主と交渉をしています。

③管理規約を変更したい
「規約が古いので現状の問題に対応できません、変更したいと思います。」標準管理規約に沿って改訂案を検討し、理事会で確認をして、総会の3/4以上の承認を取ります。現場を見ませんと専有部と共用部の書類上と実際の利用の状態が分かりません。

ホーム業務内容講座・講演防災・被災地支援書籍紹介事務所案内リンクお問い合わせ
住まいとまちづくりコープ
〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-38-11 福興電気1階
TEL.03-5986-1630 FAX.03-5986-1629